メイン画像1 メイン画像2 メイン画像3 メイン画像4 メイン画像5 メイン画像6

大好評!■ Youtubeマンガ ■『覚くんの日記』第4章を公開しました!
https://youtu.be/FbqX1tdeG9o
平成21年の11月になり、予定されていたお客様の入居日が近づいていたが、工事も検査も大幅に遅れていた。最初の施主検査で見つかった不具合の手直し工事も着手されておらず、南辰は「入居後に必ず直します」と言っていた。内覧会・入居を遅らせてでも、手直しをするように依頼していたが、お客様にもそれぞれお仕事や学校などのご予定・ご都合があり、予定された入居日を延ばすことはできなかった。結局、一部の住戸の鍵の引き渡しを受けざるを得なかった。それから数週間後の12月になると、一部のお客様が入居した事実を建物の完成・引き渡しが完了したことにすり替えた南辰は1週間に3回も請求書を突き付けてきた。

●第1~3章はこちらです:

●第1章(Youtube)   ●第2章(Youtube)
●第3章(Youtube)



 南辰は建物の完成・引き渡しをしていません。手直しもせず、建物は瑕疵だらけ、完成したと言っておきながら竣工図を施主に提出すらしませんでした。竣工図は裁判が始まってからしぶしぶ出してきました。
 弁護士、建築専門家、南辰が大覚に言っていたこと、やっていたことのすべてが矛盾だらけでした。一審の3年間を振り返ると、最後まで「勝てる。勝てる」と言い続けていた弁護士、建築専門家らは、そのことばとは裏腹に大覚が敗訴するように仕向けていたとしか思えません。誰かが裏で糸をひいていたのではないかと今でも思えてきます。
 一審敗訴後、弊社は建築訴訟において「建て替え」はなかなか認められないことを知りました。薮田氏ら4人の建築専門家は大阪地方裁判所の専門委員をしていたのですから、建て替え主張が通らない、通りにくいことを誰よりも知っていたはずです。しかし、弁護士からも、4人の建築専門家からもそのような話は一切なく、最初から「建て替え一本で勝てる」と言われたのです。
 南辰とつながっていた薮田氏らが大覚に近付いてきた目的は何か? 裁判所が複雑な建築理論を理解するために専門委員が補佐し、裁判を円滑に進め、訴訟の早期解決を図るために専門委員制度があります。それまで建築訴訟の経験のない弊社は、大阪地裁から厚い信頼を得ているという専門委員の薮田氏らから協力が得られるというだけで、百万の兵を得たように感じました。そのため法外な調査費用を要求されても、ためらうことなく支払いました。それこそが藁(わら)をもすがる思いの弊社の弱みにつけこんだ薮田氏らの手口でした。弊社から搾れるだけ搾り取ってしまうと、だんだんと疎遠になっていきました。元々いい加減な調査であることが裁判でばれ始め、南辰に対して反論できなくなっていくと、一審は南辰の描いたシナリオ通りになっていきました。最後には、化けの皮が剥がれてきたことに気付き、「これ以上協力できません」と捨てゼリフを残して立ち去っていきました。ひどい話です。これはもう詐欺としか思えません。
http://daikaku-saiban.com/novel/post-34/

話題騒然!! 劇画版『新・覚くんの日記』第5話を公開しました!!
南辰は大津京ステーションプレイス以外にも、同じように企み、施主から奪い取った物件を転がし、多額の利益を上げていた。南辰の黒幕は部下を集めて言った。
「中小企業を騙しておとしいれ、弱みに付け込んで倒産に追い込み、資産を根こそぎ奪う!それが我々、南辰のやり方です。住民が不幸になろうが、情けは無用!施主に全て押し付ければいいのです!施工会社としての責任や義務など一切関係ありません!いいですか、皆さん。地方の会社を騙し、瑕疵だらけで危険な建物を次々に建てるのです!」
http://daikaku-saiban.com/novel/post-34/#105

●第1話・第2話はYoutubeでもご覧いただけます:

●第1話(Youtube)   ●第2話(Youtube)

※インスタグラム始めました!フォロワー募集中! https://www.instagram.com/otsukekkanmanshon/
      

※LINE@始めました。友だち登録お願いします。最新情報配信中!


友だち追加


※facebookページもご覧ください。 https://www.facebook.com/OtsuKekkanManshon/


QRコードでfacebookページにアクセス


大津京ステーションプレイスにお住まいの住民の皆様へ

 弊社と致しましては、現在もなお不安な日々を過ごされている住民の方々に対し、大変なご迷惑とご不便をおかけしていることに関して、あらためて深くお詫び申し上げます。
 不安な日々を過ごされている住民の方々が、一日でも早く安全に安心して暮らせるようになるため、控訴審において弊社の主張が認められるように最大限の努力をしてまいる所存です。
 何卒ご理解とご協力の程、宜しくお願い申し上げます。
 弊社は、欠陥住宅の被害に遭われている多くの方々のためにも、本件欠陥マンション問題がメディアで報道されることにより、 欠陥住宅が大きな社会問題として取り上げられ、欠陥住宅をなくすための仕組みや制度づくりに役立ててほしいという思いから、 メディアの取材に応じています。

大津京ステーションプレイスの欠陥問題がメディアにも取り上げられました

大津京ステーションプレイスの欠陥問題がメディアにも取り上げられました

『日経ビジネス オンライン』に掲載されました
平成28年2月25日掲載
日経ビジネス オンライン』に掲載されました
フジTV『新報道2001』で放送されました
平成27年10月25日放送
フジTV『新報道2001』で放送されました
読売TV『ウェークアップ!ぷらす』で放送されました
平成27年10月24日放送
読売TV『ウェークアップ!ぷらす』で放送されました
フジTV『みんなのニュース』で放送されました
平成27年10月23日放送
フジTV『みんなのニュース』で放送されました

関西テレビ『ワンダー』で放送されました
平成27年10月22日放送
関西テレビ『ワンダー』で放送されました
日本テレビ『スッキリ!!』で放送されました
平成27年10月22日放送
日本テレビ『スッキリ!!』で放送されました
フジTV『とくダネ!』で放送されました
平成27年10月21日放送
フジTV『とくダネ!』で放送されました
フジTV『みんなのニュース』で放送されました
平成27年10月20日放送
フジTV『みんなのニュース』で放送されました
関西テレビ『マルコポロリ!』で放送されました
平成27年8月9日放送
関西テレビ『マルコポロリ!』で放送されました
フジTV『スーパーニュース』で放送されました
平成26年9月8日放送
フジTV『スーパーニュース』で放送されました
週刊誌『フライデー』(FRIDAY)に掲載されました
平成26年5月16日発売
週刊誌『フライデー』(FRIDAY)に掲載されました

最も読まれている欠陥

地下駐車場ピットが漏水により水没
地下駐車場ピットが漏水により水没
14階廊下の防風スクリーンが落下
14階廊下の防風スクリーンが落下
屋上に余分なコンクリート245トン
屋上に余分なコンクリート245トン
配水管がある危険な電気室
配水管がある危険な電気室
基礎コンクリートが分離している
基礎コンクリートが分離している
違法なコンクリートを使用
違法なコンクリートを使用
契約図面のすり替え、詐欺的行為
契約図面のすり替え、詐欺的行為
悪質な偽装工作が行われていた
悪質な偽装工作が行われていた
裁判でも平気で嘘をつく南海辰村
裁判でも平気で嘘をつく南海辰村
南青山欠陥マンションよりひどい
南青山欠陥マンションよりひどい

南海辰村による当マンション欠陥工事まとめ

構造耐力の欠陥
構造耐力の欠陥
コンクリート打設は一層一回打ちが原則であり、これが出来ない場合の打ち継ぎは垂直にするのが常である。しかるに、本件建物では斜め水平の打ち継ぎ線が2本も明確に示されている箇所が数多くある。
また、地下部において柱と地下外周繋ぎ梁(地中梁)との境界部に隙間があり、一体となっていないところが何か所もある。
日常生活の欠陥
日常生活の欠陥
14階1404号室前の開放廊下天井スラブ排水ドレイン廻りで漏水が発生した為、屋上に水張り試験を行った所、防水層の下面に水が浸入し、階下に漏水したとのことである。これらは、屋根防水層に不良があることが明らかである。特に、請負会社は屋根防水完了時に水張り試験を行ったなどと主張しているが、検査方法並びに施工がずさんであると言える。
設備の欠陥
設備の欠陥
駐輪場の天井裏を調査したところ、電気配線が切断され、むき出しのまま放置されていた。
実際に電気が通っているかは不明であるが、仮に使われていない配線であったとしても、この様な状態で放置せず、適切に処理をするべきである。




契約違反
契約違反
杭工事とは、建物を支持層と呼ばれる堅い地層で支える為に、地中深くまで掘削し硬い地層に杭を打ち込む工事であり、マンションを建てるにあたって非常に重要なものである。
その杭工事において、南海辰村建設はコストダウンを図るため、契約図を無視し、杭の大きさや鉄筋の本数を無断で変更していた。
法令違反
法令違反
建築基準法第6条では、大津京ステーションプレイスのような大規模建築物を建築する際、建築主に対して、施工前の計画時点で建築確認の申請を義務付けている。
大津京ステーションプレイスの場合は、建築主が認識していない状態で、建築基準に不適合な施工が施工者である南海辰村建設によって実施されてしまった。
マンガで見る欠陥工事の全容
マンガで見る欠陥工事の全容
大津京ステーションプレイスは、南海辰村建設が施工したマンション。
建築主である(株)大覚は、お客様が安全に暮らせるようになるため、訴訟を行っています。
(株)大覚は、南海辰村建設によって欠陥マンションが建てられた事実や、建築訴訟について、多くの方々に理解してもらえるようにマンガを制作しています。

   

page top