カテゴリー

窓の可動ルーバー面格子を固定面格子に変更されていた


誤: ステーションプレイス 固定縦格子

2015/12/s07.jpg

2015/12/s08.jpg

正: 可動ルーバー面格子

2015/12/s09s.jpg

2015/12/s10.jpg


契約図では、火災等の避難時に、面格子をスライドさせて避難できる『可動ルーバー面格子』の設計で計画されていた。
それをコストダウンのために、通常の固定面格子に変更されたために、洋室から直接廊下に脱出する事は出来ない状態となった。
地方によっては、消防署との協議で、可動ルーバー設置が義務付けられている地域がある。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 専業会社 より:

    ”地方によっては、消防署との協議で、可動ルーバー設置が義務付けられている地域”

    可動ルーバーが義務付けでは無く、非常時の開放機能付き(縦格子)面格子ではありませんか?

    さて、この様な仕様の変更は施主側の了解が必要かと。

    定例会議での提案・検討・承認を経なければゼネの一方な変更は在り得ない話と存じます。

    裁判の結果を注目しておりますがいつになるのでしょうか?

    南海辰村はいつまでゴネて逃げ回るのか? 

    潔く建て替えを自ら申し出た方が社会的には信用度が増すと思うのですが・・・

    金の方が惜しいのか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。