35分でわかる大津欠陥マンション動画

この動画ではすべてを語れませんが、大津欠陥マンション訴訟のあらましと、大津京ステーションプレイスの欠陥の数々を映像でご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. なぜ? より:

    動画、欠陥画像、御社の言い分等拝見いたしましたが、
    このことが事実ならばマスコミが取り上げててもいいとおもうのですが、
    何故、どこのメディアも報じようとしないのでしょうか。
    大企業の不祥事ならばどこのマスコミでもこぞって報道する気がするのですが・・・
    何か、深い闇みたいなものがあるのでしょか。

  2. 株式会社 大覚 より:

    薩摩の風さん、天さん、応援メッセージありがとうございます。
    ご指摘のとおり、大手相手の訴訟はいろいろな面で本当に大変です。
    しかし、控訴審においては、建築訴訟の経験豊富な弁護士および、志ある専門家や有識者の方々の協力を得て、困難な状況に立ち向かって戦っております。
    「なぜ、このようなことがまかりとおるのか」と怒りを感じられているように、欠陥建物をなくすための新たな仕組みや制度を考えていく必要があると思います。
    弊社は、今回の訴訟を通して欠陥建物をなくすためにはどのような矛盾や問題点があるのかを提起し、その矛盾や問題点の解決策までが反映されるような判決を求める努力をしていく所存です。
    これからもご支援よろしくお願い致します。

  3. より:

    はじめまして、御社の動画をみさせていただきました。
    見続けているうちに、なぜ、このようなことがまかりとおるのか、と
    激しい怒りを感じました。
    昨今の住宅事情で、このようなことがおこなわれていたとは、
    コンプライアンスもへったくれもあったもんじゃありませんね。
    大覚さん、陰ながら応援しております。
    Y.I

  4. 薩摩の風 より:

    はじめまして、YouTubeで動画を見ました
    動画だけでもかなり杜撰な工事が行われていたことが解りました
    恐らく実際の現場はもっとヒドいものなのでしょう
    大手を相手にした訴訟は大変だと思います、しかし動画を見ると南海辰村建設側が杜撰な工事を行っていたと解りますどちらが正しいか裁判官もちゃんと解っていただけると信じております
    これからも頑張ってください

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。