■連載第37回■ 第十五章 最強の軍隊でもロシアの「冬将軍」に負ける!!・後編

800satorukun370

<読者の皆様へお願い>

住宅問題、建築訴訟でお困りの多くの方々に、何かのご参考になれたら、少しでもお役に立てたらという思いで、弁護士、裁判、専門委員、施工瑕疵、差押え、競売など弊社の経験を小説にしました。一日一回、にほんブログ村のそれぞれボタンをクリックして当ブログの人気ランキングアップにご協力ください。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ

 

800gekiga09劇画版『新・覚くんの日記』
第9話

0901

0902

0903

 

manga_button劇画版「新・覚くんの日記」第9話 (新連載) 
manga_button劇画版「新・覚くんの日記」第8話 (新連載) 
manga_button劇画版「新・覚くんの日記」第7話 (新連載) 
manga_button劇画版「新・覚くんの日記」第6話 (新連載) 
manga_button劇画版「新・覚くんの日記」第5話 (新連載) 
manga_button劇画版「新・覚くんの日記」第3話 (新連載) 
manga_button劇画版「新・覚くんの日記」第2話 (新連載) 

●Youtube版(第2話)はこちら 

manga_button劇画版「新・覚くんの日記」第1話 (新連載) 

●Youtube版(第1話)はこちら 

 

btsatoru マンガ版「覚くんの日記」メニュー

btsatoru05 マンガ版「覚くんの日記」証人尋問シリーズ メニュー

barabara_top マンガブログ メニューはこちら
●大津欠陥マンションの瑕疵の実態を解り易くマンガで解説!
●マンガ版『覚くんの日記』を読んで建築訴訟についてご理解くださいネ!

●マンガ版『覚くんの日記』を読んで建築訴訟についてご理解くださいネ!

 

 
第十五章 最強の軍隊でもロシアの「冬将軍」に負ける!! ・後編

(連載第37回)

目 次


第十五章 最強の軍隊でもロシアの「冬将軍」に負ける!!・後編

(覚くんの想い)

十年前、南辰が大覚に裁判を仕掛けてきました

大覚グループに裁判を起こし、計画的に企み、罠に嵌めようと、物語を作り、仕掛けてきましたね

落札したにもかかわらず、計画的企みで物語を作られ、罠に嵌め、誹謗中傷され、元●長はじめ元市会議員によって契約を取り消された

 
 
第十五章 最強の軍隊でもロシアの「冬将軍」に負ける!!・後編
 
 
 
 この裁判に費やした9年間の時間は返ってきませんし、大覚が失った信用・資産は返ってきません。自分自身の9年間を振り返ると、会社も社員も辛く苦しい日々ばかりでした。
 
 長い年月がかかりましたが、ようやく裁判所も世間もあなた方が如何に人の道を踏み外しているか理解してきました。それなのに、現在でも次から次に大覚グループにヒアリのような部隊を送ってきますね。
 
 

(覚くんの想い)

 北海電鉄の会長さん、南辰の社長さん、黒幕さん、9年が過ぎた今でも、これだけの多くの証拠があるのに未だに「瑕疵はない」と言っていますね。何故そんな嘘ばかりつくのですか? あなた方は関西でも3本の指に入る企業じゃないのですか? 毎日多くの人の命を預かり、関西の一部の輸送部門を担い、関西人の足となっているのではないのですか? 多くの大切な人命を預かっている北海電鉄さんがなぜこのような酷いことばかりするのですか? なぜ人の命を軽んずるようなことをするのですか? 大津京ステーションプレイス前の駅でも何千人もの人々が毎日乗り降りしているのですよ。地震が起きてこのマンションが倒壊するようなことになれば、住人さんだけでなく多くの通行人の方々が犠牲になるのですよ。大惨事になりますよ。北海電鉄の会長さん、南辰の社長さん、その責任がとれますか?
 
 そんな危険な建物を建てたのは、あなた方北海電鉄グループなのですよ。大津京ステーションプレイスは基礎梁も杭もスリットも鉄筋も生コンも全部建築基準法に違反しています。基礎がバラバラなために地下ピットには池のように水が溜まり続け、屋根には254トンもの余分なコンクリートが載っているのですよ。許認可関係は役所を騙して取得したのですね。確認申請図面とは全く異なるマンションを建てたのですよ。これは明らかに詐欺行為ですよ。数々の不法行為を働き、施主を騙し、役所を騙し、世間を騙してきましたね。これは明らかに刑事事件ですよ。9年が経ったいまでもまだ嘘を続けるのですか?
 
 北海電鉄の会長さん、南辰の社長さん、黒幕さん、嘘とデタラメの物語を作り、世間を、裁判所を、法律を欺くために弁護士に嘘の物語を作らせるのも疲れたでしょう。9年過ぎてまだ嘘をつき通すのですから。大覚グループの社員も覚くんも心身ともに疲れています。訴訟開始から9年間、覚くん始め社員も眠れない日々が続きましたよ。
 
 黒幕さん、次から次によく新手の軍勢を繰り出し、大覚グループを攻撃し、仕留めようしますね。守る方も大変です。IR情報、ブログ、マスコミ、傘下の会社、あらゆる手を使って攻撃してきましたね。9年間、ありとあらゆる手を使って攻撃してくれば、もう攻撃のネタもなくなってきたのと違いますか。現在では、大覚の周辺、グループ会社をよく調べて、何か新しい嘘を作ってまで、お金をばら撒いて、火のないところに火種を探す苦労をしているみたいですね。そこまでやりますか? どれだけのお金をばら撒き、掴ませているかわかりませんが、新しい物語をよく作ってきますね。
 
 今度は、次から次に裁判を仕掛けてきましたね。あなた方は多くの裁判を使って大覚グループを攻撃してきましたね。覚くんも社員も残念ながら「飲む、打つ、買う」はしません。そんな中、社員を誘惑し、裏切らせるのは大変だったでしょう。ニンジンをぶら下げ、お金をばら撒き、手なずけるのに大変だったでしょう。次から次にデタラメな物語を作って、よく裁判を起こせますね。まるで韓国ドラマのような物語ですね。
 
 黒幕さん、最初の内は面白かったでしょうね。またお金も次々に入って来たことでしょうね。あなたの企んだ筋書きでドラマを作ったり、漫画を作ったり、映画を作ったらさぞ面白いことでしょう。この9年間私たちが味わった韓国ドラマのような話を聞いた某ディレクターから大津京ステーションプレイスの裁判を映画化したいという誘いもありましたよ。
 
 黒幕さん、あなたの企み通りに事が運んでいた内はよかったでしょう。でもやり過ぎですよ。もうこれ以上はやらない方がいいですよ。嘘とデタラメの物語をいくつも作り、それを裁判に持ち込むのは無理がありますよ。今回あなたが仕掛けてきたいくつかの裁判には無理があり過ぎます。そのうち、はっきりさせますが、いくらお金を使ったのですか? さぞ多くのニンジンをぶら下げたことでしょうね。あなた方が嘘とデタラメで仕掛けてきた裁判についてこれから一つ一つ表に出し、嘘を暴いていきます。こんな酷いことが行われていたこと、ありもしないことで裁判を起こされたことに、読者の皆さんは驚くことでしょう。
 

●1695激しい音とともに天井から雨水が落下してくる。平成30年8月23日夜、台風20号が運んだ大量の雨水が屋上防水層の下に回り込み、14階室内に再び激しい雨漏りを発生させた。夜中雨漏りは続き、台風が去った後も防水層の下に溜まった大量の雨水が室内に漏れ続けた。

 

●662天井から落下する雨漏りの勢いは止まらない。このマンションは南辰のずさんな工事によって14階各住戸は雨漏りで水浸しになり、地下ピットは打ち継ぎ不良によってコンクリートが一体化しておらず、その隙間から大量の地下水が侵入し続け池のように溜まったままだ。

 

●1673一晩中14階室内から激しい雨水の落下する音が鳴り響いていた。地震や大雨、度重なる台風によって建物の構造耐力および耐久性がますます低下している。建物が悲鳴をあげている。

 

●1048天井から滝のように降り注ぐ雨漏りによって、14階室内はプールのように雨水で溢れてしまった。14階にありながら床上浸水に襲われた住居など聞いたことがない。

 
 
 
十年前、南辰が大覚に裁判を仕掛けてきました
 
●大覚を倒産に追い込むための計画的罠
 
 およそ10年前、南辰は欠陥だらけのマンションを建てておきながら、大覚が合計1350箇所の手直し工事を求めても一向に着手せず、挙句の果てに完成もしていない建物を放置して、工事途中のまま現場から引き揚げました。さらに、建物は完成もしてないし、引き渡しもしてもらってないのに、いきなり工事代金を請求し「支払わなければ裁判を起こす」と言ってきました。
 
 大覚は何度も話し合いを求めましたが、南辰は一切応じることはなく、「お金を支払ったら手直し工事の相談に応じてもいい」と横柄な返事を送ってくる始末でした。その後、裁判が始まると南辰は自社ホームページのIR情報で「弊社は誠心誠意対応したのに、大覚は過剰な手直しを要求し、残代金を支払わなかった」と被害者のふりをして、大覚の評判を落とす虚偽の内容を流布(るふ)しました。南辰は「必ず直しますから」と言っておきながら、お客様の入居後も手直し工事に一切着手しなかったのです。それどころか、建物が完成もしていないため、残代金を支払いたくても支払えないように仕向け、裁判を仕掛けてきたのは南辰です。
 
 南辰は欠陥だらけのマンションを建てた挙句に大覚を訴え、大津京ステーションプレイスの住戸のみならず、大覚所有の他の不動産物件までもかたっぱしから仮差し押さえをし、競売にかけ、二束三文で売り飛ばしました。大覚がそれまで苦労して進めていた事業は悉(ことごと)く頓挫しました。その一方で、南辰の流すウソの情報がインターネットで拡散し、大覚は瞬(またた)く間に仕事と信用を失っていきました。こんなことをされれば、どんな会社でも倒産してしまいます。映画やドラマに出てきそうな大手企業による中小企業のいじめが現実の社会で起こっているのです。
 
  南辰に滅茶苦茶なことをされながら、一審は大覚の全面敗訴でした。その後、控訴審が始まって5年が過ぎましたが、(一審、控訴審合わせて9年が過ぎました)このままでは、南辰はやりたい放題のあげく、一切損をしないどころか、むしろ莫大な利益を得ることになります。一方、弊社は失ったものがあまりにも大きすぎ、倒産してしまいます。この9年間、血が滲むような努力をしてきた覚くんや社員が報われることがあるのでしょうか。
 
 大津京ステーションプレイスという誰の目にも明らかな欠陥マンションが存在しているのに、南辰は未だに「建物に瑕疵はない」と言い続け、自らの責任を認めようとしません。このままでは、加害者の高笑いがいつまでも響き、被害者の悲痛な叫び声は社会から抹殺されてしまいます。
 

●1883北海電鉄の会長さん、南辰の社長さん、14階室内に出現した滝に打たれてみてはいかかですか。頭を冷やし、反省すべき時が来たのではないですか?

 

●579北海電鉄の会長さん、南辰の社長さん、瑕疵の現場に足を運び、14階住戸で起こっている滝のような雨漏りを実際に見てください。もう「瑕疵はない」などとは言えませんよ。

 

●704天井から轟音と共に落ちてくる雨漏りに手を当てると落下する激しい水圧に耐えるのがやっとだ。

 

●920度重なる雨漏りに見舞われ14階室内の床が腐り、抜け落ちてしまった。危険の度合いが年々増している。

 

●158414階室内に発生した大量の雨漏りにより、室内から溢れ出た雨水が玄関から共用廊下に流れ出て、まるで川のようになってしまっている。裁判は9年も続いていているが一体いつになったら解決するのだろう。その間、危険な建物は存在し続け、マンション住民のみならず周辺住民までも不安に陥れている。

 
 
 
大覚グループに裁判を起こし、計画的に企み、罠に嵌めようと、物語を作り、仕掛けてきましたね
 
●大覚グループに仕掛けられた計画的罠による裁判
 
 大覚グループの失った9年間の時間は大きすぎますし、苦しい年月でした。
 
 中●工業㈱・ヒ●セ㈱(菊●部長)・日鐵●●物産㈱・平●工業㈱の皆さん、あなた方は何を目的に役所へ行ったのですか? 1時間以上も何の話をしていたのですか?
 あなた方は、大覚グループが請け負っていた工事が始まって以来3年もの間に15億円以上もの材料を大覚グループから受注していたのでしょう。それなのに、工事元請けの大覚グループを飛び越して役所に行き、とんでもない嘘とデタラメを言って、物語をでっち上げ、大覚グループに迷惑をかけましたね。お世話になった顧客の大覚グループに裁判をかけてくるとはどういうことですか? 計画的企み罠を仕掛け陰謀・謀略を巡らせ、大覚グループを追い込み、何を仕留めようとしているのですか? 韓国ドラマのように嘘とデタラメを言いふらし、法律・裁判・法廷を悪用し、弁護士を利用し、大覚グループを罠に嵌めようとしているのですか? あなた方のやっていることはハゲタカ・ハイエナと一緒ですよ。あなた方が主張している請求には一切根拠がありませんよ。大覚グループはこれまで支払いはきちんとしております。これ以上デタラメを言わないでください。
 
 大覚グループはH鋼のリース代を全額支払っていますよ。振込み明細も残っています。それを、あたかも大覚グループがリース代を支払っていなかったかのように、役所まで巻き込んで、「内訳を見せてください」と言っていましたね。目的は何だったのですか? 大覚グループの評判を悪くするために役所に行ったのですか? どなたの差し金ですか? 背後に誰がいるのですか? 誰の指示のもとで動いているのですか? 中●工業は「リース代は全額支払ってもらっている」と言っていたのに、なぜ、そのような事を言いに役所に行ったのですか? ヒ●セ(菊●部長)は「60%の経費が載っているから支払ってください」と言っていますが、役所の人はそんなものは載っていないと言っていましたよ。根も葉もないことを言っていたのは、大覚グループの評判を落とす為ですか? ヒ●セ㈱の菊●部長さんは誰の指図で役所へ行ったのですか? 指図した黒幕さんからご褒美でもあるのですか?
 
 そもそもH鋼が抜けなかったので、そのH鋼の損耗(そんもう)の話し合いですよ。大覚グループは中●工業と損耗(そんもう)の話をしていただけです。
 
 H鋼リースにおける大覚グループの窓口は中●工業でした。ヒ●セ(菊●部長)・日鐵●●物産㈱・平●工業㈱の皆さん、あなた方はなぜ役所へ行き、どんな目的で行ったのですか? 普通では考えられませんね。元請けも下請けも全部通り越してなぜ材料屋が役所へ行くのですか? なぜとんでもない話をするのですか? あなた方は材料屋でしょう。材料屋が元請会社からお金を貰っていないようなことを言うなんて聞いたことがありませんよ。中●工業は役所の皆さんの前で「大覚グループからはきちんと全額お金を頂いています」と言っていました。あなた方も聞いていたでしょう。1時間以上に渡って弊社を侮辱し続け、役所にあることないことを言っていましたね。弊社の顔に泥を塗るようなことがよくできますね。恥をかかせてくれましたね。酷い話ですね。いずれ、時が来たら、必ず償なってもらいますよ。あくまで、中●工業とは損耗の話をしていただけです。リース代は全額支払い済みですよ。中●工業と損耗の話し合いを5回以上しました。中●工業は東北に2回、滋賀本社へも3回来ています。これまで色々な話しをしましたよ。その話し合いがまだ途中なのに、唐突に裁判を起こしてくるなんて、北海電鉄グループの南辰とやり方がまるっきり一緒じゃないですか。頼まれたのですか? お金はいくらもらったのかなぁ・・・? ヒ●セ㈱(菊●部長)さん、日鐵●●物産㈱さん、平●工業㈱さん、あなた方は、中●工業を操って一体何を企んでいるのですか? その背後には誰がいるのですか?
 
 大覚グループは平成30年7月に大津地裁で裁判にかけられ、一週間後には彦根地裁でも裁判にかけられました。あなた方は、一体何の目的で裁判を仕掛けてきたのですか?
 一週間ずらして大津地裁と彦根地裁で裁判を起こしてきましたが、二つの裁判は同じ弁護士ですね。これにはきっと何か計画的企みがあるのですね。罠があるのですね。
 二つの裁判で大覚グループが請求された金額について、大覚グループは中●工業から一度も請求されていませんよ。一度も請求書を送っていないのに唐突に裁判を起こすのですか? 大覚グループの現場所長と副所長に確認したところ「リース代は全額支払い済みですよ。覆工板の損耗の話が少し残っていますが、それだけです。金額にすれば100万円くらいだと思います」と言っていましたよ。請求された270万円のリース代は嘘デタラメです。覆工板の損耗の話しが残っているだけですよ。あなた方がこんなことをするのは、嘘とデタラメで話を作り、法律を悪用して、大覚グループ企業を陥れるためですか?
 
 法廷を侮辱してはダメですよ。嘘で固めて物語を作って、弁護士を利用したらダメですよ。
 
 中●工業㈱・ヒ●セ㈱(菊●部長)・日鐵●●物産㈱・平●工業㈱・昭●コンクリート工業㈱・㈱藤●の皆さん、あなた方は、何を目的にこんな嫌がらせをするのですか? あなた方の背後には誰がついているのですか? 嘘とデタラメで弁護士を利用し、法律を悪用したらダメですよ。
 
 これらの裁判の詳しい内容は次回説明します。おもしろい裏話がありますよ。
 

●2128台風が過ぎ、夜が明けても14階室内の雨漏りは止まらず、室内から溢れた雨水が玄関から共用廊下に流れ出ている。屋上に大量の雨水が残っているからだ。

 

●2142平成30年8月23日の台風20号によってもたらされた大量の雨水が異常に低いパラペットを超えて防水層の下に入り込み、防水層がパンパンに膨れ上がっている。アスファルト防水層の下には台風による大量の雨水が残っている。

 

●2246平成30年台風20号がもたらした大量の雨が大津京ステーションプレイスの屋上に降り注いだ。雨水は欠陥で役に立たない屋上防水層の下に廻りこみ、14階室内に激しい雨漏りを発生させた。屋上防水に欠陥がなければ、降り注ぐ雨水は防水層の上からドレンに流れ込むのだが、このマンションでは大量に溜まった雨水が防水層の下からドレンに流れ込んでいる。

 

●101屋上に設置された排水通気管のベントキャップ(蓋)が、先日の平成30年台風21号による強風によって傾いている。防風スクリーン4枚の落下事故が起きた平成25年9月16日には、このベントキャップが強風で吹き飛ばされ、地上40mの高さから落下した。現在ベントキャップの周辺が水溜りになっている。防水層の下に大量の雨水が廻りこんだため、屋上がプール状態になっている。

 
 
 
落札したにもかかわらず、計画的企みで物語を作られ、罠に嵌め、誹謗中傷され、元●長はじめ元市会議員によって契約を取り消された
 
●なぜこんなヒドいことをするのですか?
 
 大手ゼネコンとの間に大きな訴訟を抱えているという事実だけがひとり歩きし、取引を断られることもありました。公共工事の入札で、●松島市と仮契約まで締結していたにもかかわらず、突然契約が破棄されました。グループ企業の大覚が南辰と裁判中であることを理由に、市会議員が議会で弊社を誹謗中傷しました。大覚グループは抗弁の機会も与えられず、事実関係の調査も行われず、一方的に悪徳建設会社にされた挙句、満場一致で契約破棄され、仕事を取り上げられました。酷い話です。こんなことは聞いたこともありませんし、世の中にあってはならないことです。
 
 その経緯についてお話しします。
 
 ●松島市と仮契約していた野●小学校建設の請負工事が白紙撤回されたのが、平成27年8月のことです。そのおよそ2か月前の平成27年6月、●松島市は木造建ての小学校建設工事の入札公告を行い、大覚グループの建設会社が一般競争入札に参加しました。
 当初から不審な点がいくつか見受けられました。もともと大覚グループ建設会社を含む計12社が入札に参加しましたが、入札当日7社が辞退しました。その他2社が予定価格を超えた入札をしたため失格しました。予定価格が公表されているのにそれ以上の入札額を提示するなどあり得ない話です。明らかに故意に失格したとしか思えません。また、1社は工事費内訳書を提出せず無効になりました。結局、残ったのは大覚グループを含む2社だけでした。住●林業は12億900万円、大覚グループが約11億4560万円で入札し、大覚グループが落札しました。弊社以外の11社の行動を考えると、最初から計画的企みが仕組まれていたのかな?
 
 1回目の入札で落札した大覚グループは仮契約を締結するために数名の社員を伴って発注者の●松島市役所を訪れました。副市長に挨拶に行くと、●長にもぜひ一度挨拶に行ってくださいと勧められました。後日、●長に挨拶に行くと、「材料は入るのですか? 木材・生コンは入るのですか? 工期に間に合わせることができるのですか? 技術者はいるのですか?」と●長からいきなり質問を浴びました。
 「簡単な木造建であり、工期には十分間に合わせることができますし、弊社は石巻市蛇田で公共住宅の建設工事をしています。50人もの大工を抱えており、決して難しい仕事ではありません。むしろ簡単な仕事です。材料は入ります。工期に間に合わせる為にも、早く本契約をして工事に着手させてください」とお願いすると、●長は続けて言いました。
 「私はいいのですが、議員がどう言いますかねえ・・・」
 何か含みを持たせた言い方でした。さらに、帰り際にも●長は言いました。
 「私はいいのですが、議員から反対されたらできませんわねえ。議会制民主主義ですから」
 まるで、大覚グル―プに対して、「早くその仕事を降りなさい」と言わんばかりでした。今までにいろいろな●長とお会いする機会がありましたが、こんなことを言われたのは初めてです。考えることが多々ありましたが●長に会釈をし、そのまま帰りました。
 
 この工事を本契約するには市議会で議決を得る必要がありました。
 
 平成27年7月22日●松島市の市議会で審議が行われました。まず佐●議員から次のような発言がありました。
 「この会社は聞くところによると宮城県発注の公共事業を落札したものの、工事に様々な問題が指摘されていると聞いております」
 この発言は嘘デタラメな作り話でした。実際に石巻市で工事が行われていましたが、何の問題もありませんでした。後に●松島市の市議会議員が15名ほどが、その工事のどこに問題あるのか確認するために大覚グループが請け負った宮城県発注の公共事業に視察に行きました。
 「この現場は工事に何か問題があるのですか?」という市会議員らの質問に対し、宮城県の担当職員は「工事に問題はありません」とはっきり答えていました。佐●議員の発言が嘘デタラメで根拠のないことがすぐにばれました。
 
 市議会で佐●議員はさらに続けました。
 「これも聞いたところによりますと、会社事務所内には女子が2人いますが、本社機能の体を成していないと聞いております。いわゆるペーパーカンパニーではないでしょうか?」
 実際には事務員は10人以上いましたので、佐●議員の発言は言いがかり以外の何物でもありません。
 さらに、佐●議員は大覚グループを悪者扱いして断言しました。
 「本件工事はとかく芳しくない噂のある企業に対して入札をさせて…、そして第1位で落札されてしまった訳です」
 大覚グループは入札条件を全てクリアしており、正式に入札に参加しております。だからこそ落札したのです。
 最後に、佐●議員は石巻市の知り合いの議員から聞いたと言って次のような話をしました。
 「仮に議会を通過した場合に、前払い金が生じる。そうしますと、市の規則上、約6億円の前払い金が発生します。それでドロンされる恐れがあります」
 そんなことが出来るわけがありませんし、佐●議員のいうような会社であれば入札自体できるわけがありません。佐●議員は議員としてあるまじき発言をしています。まるで、大覚グループを泥棒扱いにし、お金を持ち逃げするかのように議会で発言しています。こんな発言が許されていいのでしょうか? 大覚グループはこのまま侮辱されるのを黙って見過ごすわけにはいきません。
 
 当時、大覚グループは公共工事を約100億円ほど請け負っていました。工事をするのにあたって工事代金の約30%を立替えしていました。そのような状況でも大覚グル―プは銀行に借金は一切していません。すべて自己資金でやっています。佐●議員は大覚グループを侮辱し、何が何でもこの発注から下ろそうとありとあらゆる手を使い、計画的企みを考え、罠に嵌めようとしました。大覚グループを下ろさなければならない理由があったのですね。
 
 2回目の入札では大覚グループを外し、図面は何も変わっていないのに、2億円も高い金額で落札されました。その2億円の差額はどこに消えたのでしょう? 酷い話ですね。
 
 市議会では佐●議員に続いて五●井議員が発言しました。
 「この建設会社には本件に対応できる技術者がいるのでしょうか?実績があるのでしょうか?」
 技術者はどこよりも多くいます。当時、宮城県発注の公共住宅建設工事を請け負っていますし、工期内に完成しています。
 五●井議員は大覚グループについて次のように発言しました。
 「震災の度に、本社を何回も移転している。仕事のあるところにコロコロと変わっている」
 そんなことは一度もありません。滋賀県から一致団結して震災復興工事を手伝おうと宮城県に行ったのです。震災復興のために馳せ参じた会社にそんな酷いことを言うのですか? 震災復興に全社を挙げて貢献するためでした。この入札は地元の方々に頼まれたので参加したのですよ。
 「震災地に本店を動かしてコバンザメ商法みたいなことをしているようです」
 「近江商人独特のやり口ですね。とんでもない会社です」
 多くの関西の企業が震災復興の応援に行っています。こんな発言は滋賀県の人たち、関西の人たちを侮辱しています。コバンザメ商法とはいったい何ですか? 五●井議員、こんなことを言っていいと思っているのですか?あなたは、本当に市民から選ばれた議員なのですか?
 
 五●井議員の発言に対し、市側から教育次長が回答しました。
 「この建設会社のグループ会社である大覚という会社が現在大阪に本拠地のある南海辰村と訴訟を行っていることが良くない噂となっている様です…」
 北海電鉄グループさん、南辰さん、あなた方は遠い宮城県の●松島市まできて議員らにどんなことを吹聴していているか知りませんが、陰謀・謀略はもういいかげんにやめてください。弊社は震災復興を心から願い、一日も早く宮城県が復興するように手伝いに来ただけですよ。南辰は震災復興にどれほど貢献したのですか。あれだけ悲惨な震災に心を痛め、なんとかならないかと考え、社内で相談し、大覚グループの持っている技術を宮城県で役立てようと今日まで頑張ってきたのですよ。南辰さんは震災復興に何をしたのですか? 震災復興に一生懸命頑張っている会社の足を引っ張るのですか?
 
 あなた方は大津京ステーションプレイスの工事を途中で引き揚げたのですよ。そして大覚グループを倒産に追い込むために計画的に企み、陰謀・謀略を働いて乗っ取ろうとしましたね。それに失敗しただけの話ではないですか? これ以上、一生懸命震災復興に貢献している弊社にヒアリ、ハゲタカみたいなことをしたらダメですよ。完成・引渡しもしていないのに工事途中で引き揚げたのですよ。9年間裁判を続けているのに、未だに瑕疵を認めようとしていませんね。もうこれ以上嘘とデタラメばかり言っていると桶狭間のようになりますよ。
 
 

●009台風が去っても屋上には大量の雨水が残っている。でこぼこの防水層の上には多数の水溜りがあり、防水層の下にも雨水が溜まっている。

 

●072屋上から見下ろすと大津京駅(京阪電車・JR湖西線)がすぐそばにあり、多くの通勤・通学客が歩いている。このマンションが倒壊するようなことがあれば甚大な被害は免れない。

 

★012朝夕にはJR湖西線、京阪電車の多くの利用者が乗り換えのために大津京ステーションプレイス真下の通路を往来している。

 

●087大津京ステーションプレイスの周囲には何棟ものマンションが近接して建っている。地震時に倒壊すれば周辺への被害は計り知れない。

 

crush倒壊の危険性が高まっている!このまま放置すれば、いずれはこのマンションの住人のみならず隣接マンション住人、通行人、JR湖西線や京阪電車の利用者に対して取り返しのつかない事態が現実のものとなる!

 
 ●松島市の元●長は、何度も大覚グループに対し、請負を辞退するようにまわりくどい言い方をしていました。「どの政治家と親しいのですか」とも聞かれましたので、「政治家との付き合いはありません。」と答えました。●松島市の発注したこの工事に入札参加したのは、地元の下請け会社から「私らも頑張りますから工事を入札してください」と勧められたからですよ。
 
 契約破棄から2ヶ月後、今度は大覚グループを外して2回目の入札が行われました。大覚グループが入札できないように、入札条項が1箇所変更されていました。その結果、住●林業と東●道路の2社が入札しました。東●道路は入札の日に辞退しました。残った住●林業が予定価格の100%で落札しました。大覚グループは11億円で落札し、住●林業は13億円で落札しました。図面は全く変わっていないのに1回目よりも約2億円高い落札額でした。その2億円はどのように分配されたのでしょうか? 大覚グループには工期に間に合わせるように元●長が繰り返し言っていたのに、2回目の入札で工期が延ばされていました。また、予定価格の上限ぴったりの落札金額でした。工期も延長し、住●林業に落札させるなんておかしな話ですね。元●長さん、おかしな話ですね。この企みを成功させるための段取りだったのですか?
 
 初めから住●林業が落札するように仕組まれていたとしか思えません。誰の目から見ても明らかな計画的企みで住●林業を後押ししているのが、こともあろうに●松島市の元●長、元市議会議員なのです。彼らに議会制民主主義を語る資格はありません。市民の税金がこんな使い方をされてよいのでしょうか。企みの首謀者の言いなりに動いた元●長、元市議会議員はさぞ甘い汁を吸ったことでしょう。
 
 理不尽な契約破棄に続き、2回目の入札から大覚グループを外し是が非でも住●林業に落札させようとする元●長や元市議会議員の一連の動きは計画的企みを色濃く匂わせるものでした。
 
 震災復興のために一生懸命やっている大覚グループがなぜこのようにありとあらゆる嫌がらせをされるのでしょうか。いったい何をしたというのでしょうか。震災復興に貢献するために、会社を移転し、社員も移住しました。さらに、地元の方を50人雇用し、生コン工場も建て、採石山も作り、地元に貢献しています。それなのに、なぜこのような嫌がらせを受けなければならないのですか? 現在、大覚グループの工事関係の社員は100人近くいます。地元の方と仲良くやっています。それにもかかわらず、なぜ地元の議員は嫌がらせをするのですか?
 
 大覚グループは震災復興工事を一生懸命やっているだけです。それなのに、「お金を持ち逃げする」とか、「技術者がいない」とか、「コバンザメ」とか言われなければならないのですか。大覚グループは宮城県で一生懸命やっているだけなのですよ。南辰さん、元議員さん、これ以上大覚グループを誹謗中傷しないでください。大覚グループは住●林業さんより2億円低く落札していましたよ。技術力は負けないと思いますよ。それなのになぜ工事をさせなかったのですか? 住●林業さんと元●長さん、元議員さんは何かあるのですか?
 
 次回は大覚グループに仕掛けられた陰謀・謀略についてさらに詳しくお伝えします。
 
 乞うご期待!!
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。